宇宙線探究活動 探Qって?

宇宙線の測定・観測と聞くと難しそうですが、探Qでこの宇宙線探究活動を中高生でもできるデバイスを開発・配布を行ってきており、たくさんの中高生が共同研究に加わっています。現在ではおよそ10校の中高・高専で研究者のサポートを受けて宇宙線検出器の製作・探究活動を行っており、研究会で成果を発表するような高校生もいます。

web 探Qについて


オンライン宇宙線探究ワークショップ

このワークショップでは全国の中高生をインターネットでつないで東北大CYRICにある宇宙線検出器を遠隔で操作することで2つのテーマにそった探究活動をオンラインで行ってもらいます。それぞれ、普段宇宙線探究を行っている中高生や大学生のメンターがサポートしてくれるので、宇宙線や解析、プログラミングなどが初めての方でも楽しめます。


オンラインでどんな宇宙線測定ができる?

A:ビルの階によって宇宙線の頻度はどう変わる?

宇宙線ミュオンは非常に透過力があるため、建造物などを貫通します。逆に、どのぐらいの確率で宇宙線が貫通して到達し、どのぐらいの確率で通過しなかったを測定することで、構造物の厚み等を評価することができます。これをミュオグラフィといって、ピラミッドの内部構造や火山など様々な対象で研究が進んでいます。 実際に高いビルの上と下でどのぐらい宇宙線の検出頻度が違うか調べてみましょう。


B:天頂角度で宇宙線の頻度はどう変わる?

宇宙線は様々な角度から一様に降り注いでいます。この宇宙線が地球に入社する角度によって、地表に到達するまでに空気中を通過する距離が変わるため、地表に届く二次宇宙線の頻度も変わってきます。地表で観測できる二次宇宙線はほとんどがミューオンなので、天頂角における宇宙線の頻度を測定することで、空気中におけるミューオンの透過力を調べることができます。


スケジュール

13:00 - 13:30

イントロダクション

私たちの活動や宇宙線探究の面白さについて紹介します。

13:30 - 14:30

データ取得・解析の練習

宇宙線検出器の仕組み、データの読み取り方を紹介し、実際に参加者のPCで測定データをダウンロードしたうえで簡単な解析・グラフ描画までを練習します。

14:30 - 15:00

測定内容説明

探究テーマの「A:ビルの階によって宇宙線の頻度はどう変わる?」、「B:天頂角度で宇宙線の頻度はどう変わる?」について紹介します。

15:00 - 16:00

測定

それぞれの探究テーマを中高生・大学生メンターと一緒に行っていきます。

16:00 - 16:30

まとめ・解散

測定結果について各グループずつ報告してもらい、どのように解釈できるかみんなで議論してみます。


応募申込


申し込みフォーム


せい
めい
022-795-7808
tanq@ml.kek.jp

〇〇高等学校




コンタクト

  • location_city 東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター
  • account_circle 田中香津生
  • email tanaka(at)kaduo.jp
  • language https://kaduo.jp/
  • 探Qでは宇宙線探究に関心のある中高生を募集しております。進捗報告会や宇宙線探究に関するお問い合わせはメールにてお願いします。

メンター

河野理夏子


東北大学 理学部物理学科2年

丸田京華


東北大学 工学部機械知能2年

喜多亮介


東北大学 理学部宇宙地球物理学科2年

齋藤隆太


東北大学 理学部物理学科2年

大澤真優乃


早稲田大学 基幹理工学部3年

榎本晴日


東北大学 理学部宇宙地球物理学科4年

秋山翔希


東北大学 理学部宇宙地球物理学科2年

能勢千鶴


東北大学 理学部物理系1年